2009年06月07日

[USB 5.0]前夜祭レポート

さまざまな角度から『USB』&奥秀太郎監督の魅力に迫る公開記念イベント【USB 5.0】@Apple Store, Shibuya、最終夜は渡辺一志さんをお迎えして、監督×主演対談となりました!

apple0605_11.jpg

渡辺 「1時間やるんですよね、これ…。持つんでしょうか。ものすごく心配なんですけど」
 「いやいや、意外と持つものですよ。僕が言うのもなんですけど」
渡辺 「あ、4日間やってみてそういう感触ですか」

心配を抱えながら、おそるおそるトークスタートです。

apple0605_22.jpg

 「『USB』を最初撮り始めたときはどうなるんだろうと思いましたよね」
渡辺 「"どこかで終わっちゃうんじゃないかなぁ"とか」
 「危なかったですねぇ」
渡辺 「初日に終わったなと思いましたね」

つづきを読む
posted by USB staff at 20:49| イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

[USB 5.0]前夜祭 with渡辺一志!

5日間にわたって開催してまいりました[USB 5.0]も、いよいよ最終夜。そして公開前夜ということで、ついに『USB』主演の渡辺一志さんをお迎えします!

貴重なメイキング写真を一挙放出!奥監督と渡辺さんが、撮影現場のエピソードやマニアックな見どころを語ってくださる予定です。

更に、かなりかっこいい限定アイテム、できたて『USB』グッズもご紹介できそうです。「このタイトルでこれがなきゃ嘘でしょ」てな"アレ"ですよ。

『USB』傾向と対策に必須なトークセッションは本日19時スタートです!ぜひアップルストア渋谷へご来場ください。

『USB』公式サイト
『USB』公式モバイルサイト
posted by USB staff at 09:48| イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[USB 5.0]6/4イベントレポート

昨日6/4の[USB 5.0]は、奥監督の映像プランナー/舞台演出家としての顔にフォーカス。その活動に欠かすことのできないソフト「ArKaos VJ」を使ったワークショップスタイルでお送りしました。ゲストにアップルストアのVJワークショップでおなじみotona-vj 奥平賢浩さんをお迎えしました。奥平さんも、ふだん"奥さん"と呼ばれているということで、期せずして"奥×奥"対談に!

apple0604_111.jpg

宝塚歌劇団やNODA・MAPで映像プランナーをつとめながら、昨年12月に新国立劇場小劇場で上演され舞台『黒猫』では脚本・演出・映像を手がけ、読売演劇大賞優秀スタッフ賞を受賞された奥監督。今回はその『黒猫』劇シネ版(6/6(土)からライズエックスにて上映!)の映像と、実際に舞台で使用した映像素材で実演しながら、さまざまなテクニックや現場のエピソードが明かされていきました。

舞台『黒猫』は、『カインの末裔』でも舞台となった川崎の工業地帯に住む女"真知子"を主人公に、エドガー・アラン・ポーの短編小説「黒猫」のストーリーを大胆にアレンジした不思議なダーク・ファンタジー。
「舞台にはただのベニヤ板と段ボールしか置いてないんです。それを移動させたり置き換えたりするのと同時に映像も動かしていく、と」
奥平「モニタ上で素材だけ見ると普通の映像なのに、舞台上だとすごく立体的に見えますね。特殊なスクリーン用の段ボールなんですか?」
「米軍が物資を輸送するのに使う、強い段ボールを使いました。でも見た目や質感は、ふつうの段ボールですよ」

トークのつづきを読む
posted by USB staff at 09:44| イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。