2009年06月07日

公開初日レポート[舞台挨拶編]

usb0606_025.jpg

『USB』初日舞台挨拶の模様をお伝えします。奥秀太郎監督をはじめ、主演の渡辺一志さん、ヒロイン役の小野まりえさん、岸建太朗さん、羽鳥名美子さん、鈴木雄大さん、音楽をつとめる藤井洋さんが駆けつけてくださいました!

usb0606_012.jpg

奥秀太郎監督
(初日を迎えられたお気持ちは?)
「皆様、今日は『USB』へお越しいただきありがとうございます。高校生の頃から通いつめたこのシネマライズで、自分の作品がかかるなんて夢にも思いませんでした。感無量の一言です。
今回は、"渡辺一志十番勝負"と言ってもいいほど"渡辺くんと他のキャスト"というシーンが多かったんで、心身ともにハードだったと思います。終盤の撮影で、渡辺くんが空き時間に海外旅行のパンフレットを眺めていたのが印象的でした(笑)」

usb0606_011.jpg

渡辺一志さん
(奥監督とのタッグは『カインの末裔』以来ということですが、今回はいかがでしたか?)
「脚本を読んだときには、主人公の祐一郎という人物は監督が自己投影されたキャラクターだと感じたので…(客席笑)いや、変な意味じゃなくですよ。 監督ご自身が演じるのがいいと思ったんですが却下されましたね。
他の皆さんは1〜2週間の撮影なんですけど、僕はなんだかんだで半年間続いたんです。4ヶ月過ぎたあたりで"これは放っておくとずっと撮りつづけるつもりだ"と気付きまして。そこで海外旅行の予定を決めてしまって、あと"来月から海に行くので髪を切ります"と伝えたら、ようやくクランクアップを迎えることできました」

usb0606_006.jpg

小野まりえさん
(脚本を読んだときの感想は?)
「恵子というキャラクターは私とは真逆な性格だし考え方なので、はじめは脚本を読んでもわからないことがたくさんあったんですけど、監督を信じて演じました。現場では頼れる監督さんです」

usb0606_020.jpg

岸建太朗さん
(岸さんも、奥監督の作品には常連ですが今回の撮影はいかがでしたか?)
「いつもスリリングな思いをさせてもらってます。今回も"明日一緒にロケハン行きましょう!衣装も持ってきてください!"って夜中にいきなり電話がかかってきたり。数々の網目をかいくぐって、シネマライズまでたどり着いたのが不思議な感じです」

usb0606_021.jpg

羽鳥名美子さん
(奥監督の作品に出られるのははじめてということですが、いかがでしたか?)
「ふだん"毛皮族"という劇団で活動してまして、奥監督には公演の映像を作っていただいたりしてるんですが、映画に出演するのははじめてでした。監督は現場ではすごく腰が低くて、いつも"すいません、ほんとすいません"て感じなのに、そう言いながらすごく無理難題を言うんですよ。だけど、演じる側としては、それについ騙されてしまうんです。(監督に)いつもありがとうございます(笑)」

usb0606_023.jpg

鈴木雄大さん
「僕、探さないとわかんないくらいしか出てないんですけど、全編を通してスタッフとしても参加させてもらいました。ようやく報われる感じです。完成して本当にうれしいです」

usb0606_024.jpg

藤井洋さん
「皆さんが不思議な気持ちになるような5拍子の曲が使われてて、耳から離れないんじゃないかなと思います。監督に"撮影に遊びにおいでよ"と軽く言われて行ったら、出演もすることになってしまいました。あと峯田さん演じる甲斐が乗ってるのはうちの車なんです(笑)。それにも注目してください」

6/13(土)4回目/5回目には舞台挨拶第2弾!祐一郎の母役・桃井かおりさんがLAから駆けつけてくださいます。ぜひご来場ください!

6/13(土)舞台挨拶決定!

『USB』公式サイト
『USB』公式モバイルサイト
posted by USB staff at 21:11| USB情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。