2009年06月03日

[USB 5.0]6/3イベントレポート

apple0603_06.jpg

今日は奥監督作品ではおなじみの岸建太朗さんとのトークでした!

岸さんは映画監督の顔もお持ちです。奥監督とはインディーズ仲間として、そして機材オタクとして、日々情報交換する間柄です。
昨日につづいて「RED」トークも。REDを貸し借りするときの単位として「1レッド、2レッド」なんて通貨も生まれているとか。

奥監督の映画づくりに話は及び…
「『USB』の撮影が中止になった日に奥さんの事務所に居たら、"明日廃墟行きましょう!"っていきなり言われたんですよ。"大丈夫ですか開いてますか行けますよね"って矢継ぎ早に。何を撮るのかも決まってないのに、とりあえず衣装持って行きましょう、と」
「思い立ったらすぐ撮影に行けるスタイルが理想なんです。その廃墟のシーンもいくつか使ってますね。あと、壁のテクスチャーがいっぱい撮れたので『黒猫』の映像に使ったりもしてます」
「いやぁ、ほんとスリリングでした」

明日6/4(木)は、奥監督の映像プランナーとしての側面をフィーチャーして、VJソフト「ArKaos VJ」を使ったワークショップを行います。ゲストにアップルストアのVJワークショップでおなじみのotona-vj奥平賢浩さんをお迎えします。
6/6(土)〜ライズエックスにて劇シネ版が公開となる舞台『黒猫』の映像素材を使って、舞台映像の実践テクニック=奥監督の奥義が明かされる予定です。ぜひご参加ください!

『USB』公式サイト
『USB』公式モバイルサイト
posted by USB staff at 23:40| イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。